(4)『地代家賃』- 項目へ記入する

 

地代家賃


次に必要の多い項目は『地代家賃(ちだいやちん)』かと思います。自宅でも仕事をしている場合はこちらに記入します。

こちらは該当しない方や面倒だと思う人はとばしてもかまいません。

それでは記入していきます。まずは上記画面の『地代家賃』をクリックします。

地代家賃の入力


こちらのテキストボックスに記入していきます。

 

-支払先の住所・支払先の氏名-

家を借りている大家さんの住所と名前を記入します。

文字数がオーバーしたら『神奈川県だけど横浜市から書いてみる』など工夫して記入します。

-賃借物件-

使用している物件の名前を記入します。

文字数がオーバーしたらこれもわかるように省略して記入します。

-本年中の賃借料・権利金等-

記入項目としては『権』は権利金、『更』は更新費、『賃』は家賃の事です。賃貸の更新費などを払った年は『更』に記入できます。

基本的には『更』と『賃』の記入がほとんどと思います。

-左の賃借料のうち必要経費算入額-

仕事場の使用割合に応じて記入します。自宅兼仕事場で1/3を仕事利用している場合は家賃の1/3を記入します。自宅を兼ねてる場合の限度は家賃の半額としましょう。

割合は 仕事道具等の占有率で決めてもかまいません。作業場所・資料やデスクで家の面積半分をしめているなら50%、という具合です。

入力が全て終わりましたら『入力終了(次へ)>』をクリック。

▶︎次へ (5)項目へ記入する『その他の経費』